学校やバイト先や勤め先で異性との交流がないと、出会いが欲しくなりますよね。最近はスマートフォンから出会いサイトを利用して気軽に出会いを探すこともできるようになっています。出会いサイトは、恋人探しからオトナの出会いまであらゆる目的で出会いを求める異性を見つけることができるという特徴があります。今回は岡山県で出会いサイトを通じて出会いを探す方法を紹介します。

岡山県で使うべき出会いサイトは?


岡山県で恋活・オトナの出会いを探すには、県内のどこでも近所同士で出会いが探せる大手の出会いサイトがオススメです。国内にある大手の出会いサイトでは、実は「岡山県」という県での区切りでなく、岡山市や倉敷市といった、市区単位の細かいエリアで出会いを探すことができます。
そこで複数の大手出会いサイトを実際に利用した結果、国内で1000万人と最大級の規模を誇る、イククルという出会いサイトが岡山県内で出会いを探すのに最適なサイトとわかりました。特にサイトの掲示板は1日あたり3万件もの投稿があると言われ、岡山県の掲示板も多数の投稿でにぎわっています。

“今出会いたい人”を探すなら掲示板


出会いサイトと一口に言っても、「実際にどうやって出会うの?」という疑問はあるものです。出会いサイトではサイト内の掲示板で会いたい人を募集する、または募集に対してメール(応募)するという、比較的シンプルなしくみで”今出会いたい人“を探すことができます。

目的別の掲示板

掲示板は目的別でジャンルが分かれています。ピュア掲示板ではメル友から食事相手の募集ができます。ヒミツ掲示板では18歳以上限定の出会いサイトらしく、アダルトジャンルもあります。
≪掲示板のジャンル≫(左:ピュア掲示板 / 右:ヒミツ掲示板)

匿名制だから出会いに積極的になれる

イククルはFacebookのような実名登録が推奨されているSNSと違って、自由にニックネームを決めて遊べる匿名制のSNS。つまり、現実の知り合いを気にすることがないという利点があります。匿名で利用できるためか積極的に出会いを求めている女性も多く、ヒミツ掲示板では、刺激的な出会いを募集する投稿が地域・時間にかかわらず頻繁に見られます。
≪岡山県のヒミツ掲示板≫(左:投稿一覧 / 右:投稿の詳細)

掲示板の投稿を見て、出会いたい人を探してメールする、というシンプルな仕組みで実際に出会うことができます。投稿に返信する内容は、じっくり考えてからメールできるので

  • ナンパはちょっと勇気がいる、恥ずかしい
  • 口下手でうまく異性をデートに誘えない

といった人にとっても気軽に出会い相手を探すことができます。

まとめ&メールのコツ


サイト内では、出会う約束をするまでは、メールでやり取りを行うことになります。相手に失礼がないように気をつけることはもちろん、「この人と会ってみたい」「この人と交流したい」と好感を持ってもらわなければなりません。
特に相手に送る最初のメール(ファーストメール)は交流のきっかけとして非常に重要です。相手のプロフィールをよく見て興味がありそうなことを軽く交えながら、返信しやすいメール作りを心がけましょう。

「好感がもてる文例があればアドバイスお願いします」
相手のプロフィールの気になったところを簡潔に書くというのはどうですか?たとえば「はじめまして。○○と言います。僕も料理が趣味で気になってメールしました。よかったら仲良くしてください。」とか。

引用:好感がもてる文例があればアドバイスお願いします

出会いサイトは、岡山県の近所同士で出会いを見つけるツールとして充分に活用できます。ぜひ一度、素敵な出会いを体験してみてください。

関連:出会い系サイト「イククル」200人の口コミと評判で分かった出会える理由


オススメのデートスポット 岡山 編


岡山県はみどころが豊富です!中でも人気のスポットを紹介します。

岡山後楽園

住 所

〒703-8257
岡山市北区後楽園1-5

交 通

・JR岡山駅から路線バス 後楽園口1番乗り場から乗車 10-15分

WEB

http://okayama-korakuen.jp/

日本三名園に数えられる回遊式庭園。芝生地や池など景観を楽しめます。

三井アウトレットパーク倉敷

住 所

〒710-0813
岡山県倉敷市寿町12-3

交 通

・JR倉敷駅北口 徒歩約3分

WEB

http://www.31op.com/kurashiki/

多彩なブランドのショップが並びショッピングが楽しめるアウトレットパーク。

市立玉野海洋博物館

住 所

〒706-8510
岡山県玉野市宇野1-27-1

交 通

・岡山駅から瀬戸内マリンホテル行き特急バスで 70分、渋川下車すぐ

WEB

http://www.city.tamano.lg.jp/docs/2014022000793/

瀬戸内海を代表する海洋生物が180種2000点も展示される歴史ある博物館です。